神前式の衣装

    人生で一度きりの結婚式での衣装は気に入ったお気に入りの衣装を身に纏いたいものです。一般的な神前式での新婦の衣装は白無垢に角隠しか綿帽子を着用します。ちなみに角隠しと綿帽子を被る理由は諸説ありますが「女性は元々角を持っている」という説から結婚式で神様に無礼が無い様に角を隠す「角隠し」と呼ばれるようになったそうです。
    言い伝えが現代まで続いている事で衣装にも古くからの歴史と意味がある事を知っている事で、いざ神前式で衣装を着用したら気持ちが引き締められるかもしれません。ちなみにとある芸能人は東京の明治神宮での神前式で白無垢で髪型は洋髪、角隠しでも綿帽子でもない白百合の花を髪飾りにするなど昔では考えられない事でしょうが、厳かな雰囲気の中に個性を入れる事も面白そうです。
    白無垢はあまり悩まないと思われますが、やはり色打掛ですごく悩む人が多いでしょう。東京の神前式が行える場所ではいくつかのプランを用意しており、衣装に関しては白無垢と色打掛か黒引振袖の中から一着選ぶプランなどが用意されています。色打掛は室町時代以降の武家女性の礼装とされており、とても色鮮やかで綺麗なスタイルです。
    いっぽう黒引振袖は白無垢とはうって変わって黒の着物で、神前式では魔よけの意味で着用されています。写真を撮る際に華やかさが欲しいという人は色打掛、軽くて動きやすいのを希望する人は黒引振袖がおすすめです。東京ではこの2つの衣装をプランの中に入れて新婦の衣装を選ぶ幅をひろげている所もあります。
    また、和装も着たいけど洋装も着たいという人は、東京界隈では神前式に白無垢、披露宴ではウエディングドレスを着るなどをしてどちらも着れるプランを立てる人もいるそうです。せっかく東京で幅広いニーズに応えられるプランがあるので希望をふんだんに入れた結婚式を行いましょう。