神前式の会場選び

    神前式といえばやはり神社などで行う事がとても自然ではありますが、近年では神社以外にも式場やホテルなどの館内施設で設ける事での神前式も可能になりました。神前式は親族しか参列ができないと認識されがちではありますが、実は神社のスペースの都合上の問題であるからです。ホテルや式場の仮神前であれば、神社よりもスペースが広がるので多くの人数を入れる事ができ、友人や知人も参列できるようになっています。
    時間と共に挙式のスタイルというものは変化しており、昔は信仰している宗教などの問題によって限られた式などが行われていましたが、現在は新婦がウエディングドレスを着たいから、東京で大きく披露宴をやりたいなどという希望から決めるケースが多いようです。
    また、大正天皇が神前式を東京の明治神宮で行ったように、これまでにも芸能界の女優達も明治神宮をはじめ東京大神宮や、東京の赤坂にある日枝(ひえ)神社などで神前式を行われてきました。それがテレビのワイドショーで取りあげられて注目される事によって、私もこんな衣装を着たい、ここで神前式を挙げたいなどの大きな影響を与えました。
    東京界隈で神前式を行う時には、神社などで式を挙げた後は場所は移動して披露宴を行うというプランを立てる人も多いようで、そのためホテル内での神前式をあげる神殿で式を行うなどの式もあります。例えば京都では、観光客に祝福されながら神社から出てくる場所もあったりと、色々と調べる中で理想の神前式ができる場所に出会えるでしょう。